シェイプアップ乳酸菌 チョコレート

チョコレートにも乳酸菌が含まれるって知ってました?

シェイプアップ乳酸菌,チョコレート

シェイプアップ乳酸菌は300億個の乳酸菌を「生きたまま」摂ることができる、ネットなどで話題のサプリメントです。

 

 

乳酸菌と聞くと意外かもしれませんが「チョコレート」でも摂取することができます。

 

 

しかし「シェイプアップ乳酸菌」に含まれる乳酸菌と、一般的に売られているチョコレートに含まれる乳酸菌は大きく異なる点があります。

 

 

それは前述したように、シェイプアップ乳酸菌に含まれる乳酸菌は、「生きたまま」腸まで届くことが可能です。

 

 

しかし一般的なチョコレートに含まれる乳酸菌は熱などに弱く、腸に届く前にほとんどが死んでしまいます。

 

 

乳酸菌は基本的に「熱に弱い」「胃酸や胆汁酸に弱い」という性質があります。チョコレートに含まれる乳酸菌も、熱や胃酸に弱いです。

 

 

それに比べシェイプアップ乳酸菌に含まれる「乳酸菌生産物質」は、口から入り胃などを経過するうえで「胃酸」や「胆汁酸」の影響を受けても、殺されることなく生きたまま「腸」まで到達することができます。

 

 

腸の調子を整えることが「ダイエット」を志すみなさんにも、「健康的になりたい」「カラダをスッキリさせたい」に有効な手立てのひとつです。

 

 

腸は「ストレス」「食生活の乱れ」「暴飲暴食」「運動不足」「食物繊維不足」などが原因で腸内に悪玉菌の数が増え、肥満成分を上手に排出できず体内に吸収してしまう「汚い腸」なってしまいがちです。

 

 

腸内には「悪玉菌」のほかに「善玉菌」「日和菌」といった腸内細菌が住んでおり、その数はなんと500兆〜1000兆個、種類の数は500〜1000種類、腸内細菌の総量は1.5キログラムにもなると言われます。

 

 

「太りやすい腸」「太りにくい腸」といった体質は、この腸内細菌のバランスで変化します。

 

 

そして腸内細菌のバランスは「善玉菌」の数が優勢であることが、美容にとっても健康にとっても、ダイエットするにしても、望ましいとされています。

 

 

そのためにも乳酸菌を普段から摂取することを心がけ、腸内の善玉菌の数に気を配ることが大切になってきます。

 

 

しかし一般的なチョコレートに入る乳酸菌は、せっかく摂取してもこの腸内にたどり着くまえにチカラが弱まってしまい、腸についたころには十分に働くことができません。

 

 

シェイプアップ乳酸菌にはたった1粒に300億個の乳酸菌が含まれており、しかも腸内でしっかり働くことで善玉菌の数を優勢にする、そのチカラを期待することができます。

 

 

シェイプアップ乳酸菌が口コミでその人気がひろまった理由は、この整腸作用のほかに「燃焼効果を高めてくれる」というものもあります。

 

 

シェイプアップ乳酸菌には「高い燃焼効果を持つ」とされる「緑茶カテキン」に加え、その緑茶カテキンをサポートする「植物由来の乳酸菌」が含まれており、ダブルパワーで肥満成分などを「体内に吸収するまえに燃やす」作用をしてくれます。

 

 

「スッキリしたお腹で肥満成分をきちんと排出する」「肥満成分をそもそも吸収するまえに燃焼させる」

 

 

シェイプアップ乳酸菌は生きた乳酸菌を届けることができる、それが「結果」につながり、口コミが広がっているんですね。

 

 

生きた乳酸菌を摂り入れたいみなさまには、シェイプアップ乳酸菌を摂ることもおすすめですよ。

 

 

>>シェイプアップ乳酸菌の詳細はコチラから

 

 

【こちらの比較も合わせてどうぞ】乳酸菌ショコラとシェイプアップ乳酸菌


関連ページ

乳酸菌ショコラとシェイプアップ乳酸菌
シェイプアップ乳酸菌と乳酸菌ショコラの違いを比較。シェイプアップ乳酸菌と乳酸菌ショコラがどのような違いがあるのかこちらをご参照ください。