シェイプアップ乳酸菌 血糖値

血糖値があがる?さがる?そのポイントは

シェイプアップ乳酸菌,血糖値

シェイプアップ乳酸菌は「ダイエットに期待できる」「カラダが健康的になる」「カラダがスッキリする」といった口コミが広がり、いまネットで話題のサプリメントです。

 

 

血糖値の改善にもシェイプアップ乳酸菌は効果が期待できます。血糖値の改善するためにまず見直しておきたいこと、それは日々の食生活です。

 

 

「血糖値をあげる食べ物」も「血糖値をさげる食べ物」もこの世には存在します。

 

 

血糖値を改善するためにはどうしたらよいか、またシェイプアップ乳酸菌はどのように血糖値を関係を持つのか。

 

 

血糖値を改善するサプリメントもたくさんでていますが、一番は日々の食生活を見直す「食事療法」がおすすめです。

 

 

「血糖値」とはそもそもなんでしょうか?血糖値とは血糖の数値のことであり、血糖とは「血液中に含まれるブドウ糖のこと」を一般的には意味します。

 

 

カラダのエネルギー源であるブドウ糖は、インスリンの働きなどにより一定の濃度で血液中に保たれています。

 

 

高血糖とはインスリンが不足することでブドウ糖の濃度が高くなることで、低血糖とは逆にインスリンが過剰になることで血液中のブドウ糖が少なくなることです。

 

 

基本的に食後は血糖値が高くなります。これは食事をとることで食べ物に含まれる炭水化物が吸収され、血液中にブドウ糖となってでてくるためです。

 

 

血糖値の以上な増減は「糖尿病」に代表されるように、カラダに悪影響を及ぼします。

 

 

糖尿病になる人はこの血液中に入ったブドウ糖が、本来摂り入れられるはずの筋肉や脂肪細胞に吸収されず、行き場を失って血液中に残ってしまうことが問題です。

 

たまに糖尿病=尿から糖がでてしまう病気、だと勘違いされている方がいますが、尿糖があることは糖尿病のひとつの症状にすぎません。

 

 

糖尿病や糖尿病予備群といわれる人は日本にも多く存在し、生活習慣病の代表となっています。

 

 

血糖値を日々の食事で調整するためには、GI値(血糖値のあがりやすさを数値化したもの)の低い食品を食べるといいです。

 

 

低GIの食品をいくつか例としてあげると、乳製品、海藻類、きのこ、大豆食品、肉、卵、魚介類、野菜(いも類は除く)があります。

 

 

これに対し高GIの食品は、いも類、バナナ、お菓子やジュース、砂糖やブドウ糖果糖液糖などが入った食べ物です。

 

 

血糖値を下げるには

 

 

・GI値の低い食べ物を選ぶ

 

・加工食品や刺激物などはなるべく避け、新鮮なものを食べる

 

 

などがあげられます。

 

 

シェイプアップ乳酸菌も食生活にとりこむことで、ブドウ糖がしっかり筋肉や脂肪細胞などでエネルギーとして利用され、血糖値がさがっているサポートをすることが可能です。

 

 

日々の食生活に気を付けながらさらにシェイプアップ乳酸菌を摂ることで、腸の調子を整えることができます。

 

 

シェイプアップ乳酸菌には300億個の乳酸菌が含まれており、乳酸菌は胃酸や胆汁などでも負けずにしっかり腸まで届き働きますので、腸内の善玉菌が増え、腸の働きを整えることができます。

 

 

日々の生活で血糖値が気になるみなさまは、食生活の改善にさらにシェイプアップ乳酸菌のサポートも摂り入れることも、ひとつの手立てかもしれません。

 

 

>>シェイプアップ乳酸菌の詳細はコチラから

 

 

【合わせてお読みください】虫歯に大切なのは「治療」よりも「予防」


関連ページ

腸内フローラを整えカラダの中からスッキリ
シェイプアップ乳酸菌の腸内フローラについてご紹介しています。シェイプアップ乳酸菌がどのように腸内フローラに作用するのかはコチラからご覧ください。
腸内環境を整えるとうつ病対策にもなる?!
シェイプアップ乳酸菌のうつ病に対する効果をご紹介。シェイプアップ乳酸菌にはどのようにしてうつ病を改善する効果が期待できるのかをここで解説しています。
虫歯に大切なのは「治療」よりも「予防」
シェイプアップ乳酸菌の虫歯に対する効果についてご紹介しております。シェイプアップ乳酸菌がどのようにして虫歯に作用するのかこちらをご参照ください。