シェイプアップ乳酸菌 うつ病

シェイプアップ乳酸菌で腸内環境を整えるとうつ病対策にもなる?!

シェイプアップ乳酸菌,うつ病

シェイプアップ乳酸菌は300億個の乳酸菌が含まれる、ネットや口コミで人気がひろがっているサプリメントです。

 

 

整腸作用もあるシェイプアップ乳酸菌は、うつ病対策にも効果が期待できるって知ってました?

 

 

腸内環境とうつ病の関係性を考えながら、シェイプアップ乳酸菌がどのようにうつ病にアプローチできるか見てみましょう。

 

 

うつ病といった精神疾患で医療機関に通っている患者さんは320万人を超え、その人数は年々増加傾向にあるといわれます。
(データは平成23年、厚生労働省発表)

 

 

うつ病の一番の原因と言われているのは「ストレス」です。そしてストレスと聞くと一番「人間関係のストレス、精神的なストレス」のことを想像する方が多いかと思いますが、それ以外にも「カラダの歪みなどからくる、構造的なストレス」「においや栄養素からくる化学的ストレス」「湿度や温度からストレス」などがあげられます。

 

 

ストレスと関係するのは自律神経です。

 

 

自律神経には「交感神経」「副交感神経」2種類の神経があります。交感神経が働いているときカラダや脳は緊張し、副交感神経が働いているときカラダや脳はリラックスします。

 

 

睡眠中に副交感神経は働くのですが、寝たい時間に交感神経が働いてしまうカラダが興奮している。日中の仕事の時間に副交感神経が働いてカラダが眠い。

 

 

このような自律神経の乱れを「自律神経失調症」といい、この自律神経失調症は「うつ病」へのひとつの入り口でもあります。

 

 

また腸内環境も「うつ病」へのひとつの入り口といわれます。シェイプアップ乳酸菌を飲んでお腹の中をきっちり整理整頓しましょう。

 

 

前述しましたが「うつ病」の主たる原因と考えられるのは「ストレス」です。しかし腸内環境が悪化することも「うつ病」への入り口であり、腸内環境を整えるための手段としてシェイプアップ乳酸菌が効果的なわけです。

 

 

ではなぜ腸内環境が悪化してしまうことが「うつ病への入り口」にもなりかねないのでしょうか。

 

 

腸は「第二の脳」と呼ばれるほど万能であり、心の状態をそのまま映す鏡なんです。

 

 

セロトニンが不足すると、人は情緒不安定(キレやすくなる。すぐ落ち込む。やる気がでない。ぼーっとしてしまう) になるといわれますが、このセロトニン不足も「うつ病」の原因を考えられます。

 

 

腸内環境が悪化するとこの「セロトニン」の伝達が脳まで上手にされず、結果セロトニン不足になってしまうんです。

 

 

うつ病患者の腸内は悪玉菌のほうが善玉菌より多く、また腸内細菌そのものも少ないというデータもあるようです。

 

 

精神的ストレスなどからお腹を壊すということもありますが、その逆も然りで腸内環境を正常に保つことでストレスも平穏に保つこと、これもできるわけです。

 

 

シェイプアップ乳酸菌に含まれる300億個の乳酸菌は、胃酸や胆汁酸にまけずしっかり腸まで届き、腸内をスッキリに整えてくれます。

 

 

もし「うつ病」に悩んでいる方がいらっしゃいましたら、シェイプアップ乳酸菌を飲んで腸の中からうつ病対策。これもひとつの手立てかもしれませんよ。

 

 

>>シェイプアップ乳酸菌の詳細はコチラから

 

 

【これも見よう】血糖値があがる?さがる?そのポイントは


関連ページ

腸内フローラを整えカラダの中からスッキリ
シェイプアップ乳酸菌の腸内フローラについてご紹介しています。シェイプアップ乳酸菌がどのように腸内フローラに作用するのかはコチラからご覧ください。
血糖値があがる?さがる?そのポイントは
シェイプアップ乳酸菌と血糖値の関係性についてご紹介しています。シェイプアップ乳酸菌がどのようにして血糖値に作用するのかを参照ください。
虫歯に大切なのは「治療」よりも「予防」
シェイプアップ乳酸菌の虫歯に対する効果についてご紹介しております。シェイプアップ乳酸菌がどのようにして虫歯に作用するのかこちらをご参照ください。